教育費

保険会社選びのポイント

学資保険を選ぶ時には色々とポイントがあります。
ただ漠然とどの保険会社の学資保険に加入をしようか考えたとしてもなかなか決めることができません。
しかし、学資保険というのはなるべく子供が小さい時の方が有利になるので早く加入をしてしまいたいものです。
けれども、いつまでもどの保険会社にしようか悩んでいるとなかなか加入をすることができなくなります。

そこで、ここではどこの保険会社にするのかを選ぶ時に大切なポイントについていくつか紹介をしましょう。
これから学資保険に加入しようと考えている方は参考にしましょう。
そもそも、学資保険が本当に必要であるかをまずは考えましょう。
学資保険に加入をせずに子供を進学させているような方もたくさんいます。

学資保険というのはお金を毎月支払わなければいけないので、それが負担になる可能性もあります。
そのことはしっかりと理解をしておく必要があります。
保険料が負担になって家計が危うい状態になることは避けたいものです。
そのような不安がないのかどうかをまずは考えておきましょう。

そして、学資保険に加入をすることにしたのであれば、次は貯蓄型の学資保険か保障型の学資保険のどちらかを選択する必要があります。
自分にとってはどちらの方が得をすることになるのかをよく考えておきましょう。
保障に興味がないのであれば貯蓄型の方がよいですし、保障も受けたいという場合であれば保障型の学資保険の方がよいのです。
また、満期に達する時期をいつにするのかも重要な事項となります。

10歳で支払いが終わるような学資保険もありますし、18歳で満期に達するようなものもあります。
場合によっては20歳を超えるものも存在しています。
通常の場合は18歳で満期を迎えるものであれば、高校を卒業してそのままスムーズに大学に行く時に学費をすぐに用意をすることができるので、とても好都合になります。
しかし、なるべく早い段階で学費保険の支払いを終えたい場合は、もっと満期の早いものを選択すると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 子供の学習のために親が考えること All Rights Reserved.