教育費

最初に学資保険のプランをしっかり確認しよう

学資保険を考える時にはプランを確認することが大切です。
ついやってしまいがちなのは、学資保険というのはどんなものでも同じものだから、いいかげんに決めてもいいだろうと考えてしまう方が多いです。
その結果として、詳しいプランの内容を考えもせずに、そのまま学資保険に加入をしてしまって、後悔をするというパターンが意外と多いです。

学資保険に限らないですが、内容をしっかりと確認しておくことは非常に重要な事なのです。
学資保険の掛け金の平均はいくらなのか、返戻率はどのくらいなのか。
学資保険では最終的には自分のところにお金が返ってきますが、一時的には出費をしているのと同じことなので、やはり慎重に選ぶようにしましょう。

たとえば、学資保険はプランによって、貯蓄型と保障型の2種類があります。
これらの違いだけでも、かなり大きな違いが生じることになるので注意が必要となるのです。
違いをきちんと認識しておかないと、後でそんなの聞いていなかったと文句を言ったとしても、それはあなたがきちんと確認をしなかったのがいけないということになります。

保障型であれば、元本割れをしてしまうこともあります。
多くの方は学資保険は元本割れをすることが絶対にないとつい考えてしまうことが多いのですが、それは勘違いなのです。
最後にどの程度のお金が自分の元に返ってくるのかということも確認をしておきましょう。
プランによって、それは大きく異なる点なのです。

もちろん、お金が増えて返ってくるようなプランもあるので、なるべく自分が得をするような選択をするべきなのです。
他には、支払いをする期間がどれくらいなのか、満期に達するのはいつなのかという点も大切です。
せっかく子供が大学に合格をしたのに、学資保険の方がまだ満期に達していなければ意味が無くなります。

それについてもしっかりと理解をしておくようにしましょう。
プランを確認することによって、将来の計画を立てる時にも役に立つことになります。
保険会社の方の説明も聞き逃さないようにしましょう。

Copyright(C) 2013 子供の学習のために親が考えること All Rights Reserved.