教育費

学資保険と普通の預金と何が違う?

学資保険というのは普通に預金をするのと何が違うのでしょうか。
学資保険の一番の目的というのは、子供のためにお金を貯めることです。
学費というのはかなり大きなお金がかかってしまうので、それをきちんと払うことができるようにお金を貯める必要があるということになります。

そして、そのために用いることができる方法としては学資保険を利用するか、預金をするか二つの方法があるということになります。
それでは、普通預金と比較すると学資保険にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
それについて説明をしましょう。

普通の預金の場合はただお金を貯めるだけです。
元本割れの心配はなくて、家に置いておくよりも安全にお金を保管することができます。
しかし、現在の低金利の時代だと、預金をしていてもお金が増えるようなことはほとんどがありません。
したがって、資産を増やすという意味においてはほとんど意味がないでしょう。

定期預金をしたとしても、そんなに大きくお金が増えることはありません。
一方で学資保険の場合は、貯蓄型と保障型とがあります。
貯蓄型の場合は、元のお金よりも最終的には増えることになります。

預けたお金が増えることになると考えても良いのです。
これはかなりお得になります。
どうせ子供の学費のためにお金を貯めるのであれば、貯蓄型の学資保険の方がより多くのお金を貯めることができるようになるのです。
この点だけでも学資保険よりもメリットがあるといえるのです。

また、保障型の場合は、様々な保障を受けることができるようになります。
怪我や病気をした場合、リストラをした場合、死んでしまった場合など様々な場面で保障を受けることができます。
普通に預金をしていたのでは保障を受けることはできないので、やはり学資保険というのは色々なメリットがある点だけお得であるといえます。
ただし、保障型の場合は、保障のために費用を用意する必要があるため、元本割れをしてしまうことになるので、その点は知っておきましょう。

Copyright(C) 2013 子供の学習のために親が考えること All Rights Reserved.