教育費

学資保険の種類と仕組み

子供を育てている方で、将来のために学資保険を検討していることは多いと思います。
学資保険に加入をすれば、学費に関しては心配をする必要がなくなります。
毎月保険料を支払う必要がありますが、様々な制度があるので、万が一両親が働けなくなったとしても保険料が免除になるような制度もあるので、学資保険に入っておくだけでも、とりあえず子供の将来の学費に関しては楽観的に考えることができるようになります。

したがって、多くの方が実際に学資保険に加入をしようとしていることが多いのです。
しかし、学資保険と一口にいっても色々な種類があります。
それらの種類や仕組みについて理解をしておかないと、いざ学資保険に加入をしようと思っても、なかなか決めることができないという状況になってしまうことがあるので注意をしましょう。

どのような種類の学資保険があり、自分はどの種類の学資保険を選択するのが一番良いのか、一番利益になるのかということを常に考えておくようにしておきましょう。
学資保険は大きく分けると貯蓄型と保障型とがあります。
貯蓄型というのは文字通りお金を積み立てていくタイプの学資保険です。

そして、メリットとしては、最終的には自分が積み立てたお金以上のお金が戻ってきます。
自分が支払ったお金よりも、満期になった時にはさらに大きなお金を受け取ることができるので、ただ自分で貯蓄をして学費を貯めるよりもお得なのです。
ただし、貯蓄型では医療保障などは無いのでその点は注意をしておきましょう。

一方で保障型の学資保険もあります。
こちらでは医療保障や死亡保障が付けられているので、様々な保障を受けることができるようになります。
親が死んでしまったり、子供が怪我をしてしまった場合にお金を保障されることができるようになっています。
ただし、保障を受けることができる分だけ、将来的に元本割れをしてしまうことは納得をしておく必要があります。
どちらにするかは、それぞれの自由です。

Copyright(C) 2013 子供の学習のために親が考えること All Rights Reserved.