教育費

学資保険に加入できる人、出来ない人

学資保険というのは、子供が将来大学などに進学をした時のために学費を貯めるものであると認識している方は多いと思います。
したがって、預金のようなものであると勘違いをしている方がいるかもしれませんが、学資保険も保険の一種であることには変わりないので、学資保険を受けるためには当然審査が必要となります。
審査を受けて、子供が学資保険に加入することが認められた場合だけ、学資保険に入ることができるようになっています。
どのような方でも自由に学資保険に入ることができるわけではないのです。

それは一体どういうことなのでしょうか。
学資保険には保障制度などが組み込まれています。
したがって、ただお金を集めて、それを返すというシステムではなくて、保険会社がお金を保障する場合があるということなのです。
たとえば、両親が死んでしまった場合には保障を受けることができる場合があります。

この場合は、学資保険に加入をする時に両親に持病がある場合には加入することができないケースもあります。
これから何らかの大きな病気にかかることが分かっている方が保険に加入をしたとしても保険会社は損をするだけだからです。
冷たい対応かもしれませんが、ビジネスとして考えれば当然のことです。
また、加入をする時に、学資保険に契約をする方の年齢が高ければその分保険料も高くなることが多いです。

これは学資保険以外の保険に関しても同様のケースが多く見られます。
これから保障をされる可能性が高い方の保険料が高くなるということは仕方の無いことなのです。
そして、学資保険は基本的に子供のためのものなので、被保険者は子供であることが条件である場合が多いです。

このように自分が学資保険に加入をすることができるかどうかは、条件によって異なります。
ひょっとしたら学資保険に加入をすることができないというケースも考えることができるので気を付けるようにしましょう。
自分が加入できるかどうかは重要です。

Copyright(C) 2013 子供の学習のために親が考えること All Rights Reserved.